ちょっとした工夫ておいしさが増すドリップコーヒー

subpage1

おいしいコーヒーを飲みたい時にはついおしゃれなコーヒーショップや流行のカフェを思い浮かべがちですが、もっと身近にコーヒーを楽しむ方法があります。

安心安全のlivedoorニュースについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

どのお宅にも一度はあったかもしれないドリップコーヒー用メーカー。

かさばるのが敬遠されがちな部分ですが、実際には電動のセット式だけでなく、コーヒーカップや大きめで注ぎやすいグラスなどに直接乗せて作ることができる簡易タイプもあります。
電動ならコーヒーをセットし、水を入れてスイッチオンするだけでコーヒーができ上がるのでとても簡単ですし、簡易タイプなら、ちょっと面倒かもしれませんが、コーヒーをフィルターにセットして、ゆっくりと蒸らすように、数回に分けて徐々にお湯を足していき、よりコクのあるコーヒーに仕上げることができるドリップコーヒー。

コーヒーメーカーの比較情報を楽しくお得に利用しましょう。

あとは好みのコーヒー豆に出会うだけです。
スーパーにもかなり多くの種類のコーヒー豆が並んでいますし、専門店に行けば、珍しい種類やコク、酸味、ロースト加減など細かく分けられていて、納得のいくものを探すのも楽しいものです。



専門知識が豊富なスタッフのアドバイスも、おいしい一杯を入れるポイントになるかもしれません。
ドリップコーヒーは少々時間がかかるのですが、余裕のある時にでも試してみると、部屋の中にコーヒーの香りが広がってカフェさながらの雰囲気にもなりますし、入れ方次第で段々と味が変わってくるのも分かります。

お茶と一緒で、茶葉もさることながら、淹れ方をちょっと工夫するだけでよりおいしいコーヒーになるものです。

コーヒーをもっと知る

subpage2

自宅で手軽においしいコーヒーを飲みたい時、ドリップコーヒーを選ぶ人は多いのではないでしょうか。ドリップコーヒーを淹れる際、欠かせないのがドリッパーです。...

next

学ぼうコーヒーの事

subpage3

自宅で手軽にコーヒーを楽しみたい人にレギュラーコーヒーが好まれています。これは焙煎豆を挽いて粉状にしたものをペーパーフィルターで抽出するタイプで、フィルターを通してサーバーにコーヒーを「落とす」ことから「ドリップコーヒー」とも呼ばれます。...

next

基本知識

subpage4

よく冷えたアイスコーヒーは、喉を潤すだけでなく気分がさわやかになります。とはいえ、レギュラーコーヒーを淹れてからそれを冷やしておくことは手間がかかります。...

next

コーヒーの補足説明

subpage5

レギュラーコーヒーは、原料となるコーヒー豆を焙煎したもので、お湯や水出しにより抽出して飲みます。レギュラーコーヒー用のコーヒーメーカーを使用するのが一般的ですが、ドリッパーとフィルターだけでも美味しく飲むことができます。...

next